2010年11月30日

写真集

渋谷図書館へ予約してた写真集を取りに行ってきた。渋谷区内の他の図書館の蔵書も取り寄せてもらえるってスゲー便利だよね。

俺たち、どこにもいられない―荒れる世界の十代 (1982年) [−] / 橋口 譲二 (著);...
俺が中学生の頃、世界の十代の一部はこんなにも荒んでいたんだなあ。リバプール、ニュルンベルク、ニューヨークと比べると東京なんてかわいいもんだねと思えてしまう。


17歳 [単行本] / 橋口 譲二 (著); 角川書店 (刊)
ケミカルジーンズ率高い。

職 1991~1995―WORK [大型本] / 橋口 譲二 (著); メディアファクトリー (刊)
これから見る。
posted by d at 20:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Arias & Nael

Arias & Nael - Alive (Club Edit)


久々にハマれる曲発見。女性ボーカル物に惹かれがちやな俺。ってゆーかこういうわかりやすいキラーチューンが好きなんだよ基本的に。
ラベル:Arias & Nael
posted by d at 15:21| Comment(0) | beat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

雑誌

これ良さそう。
Anthology Magazine http://www.anthologymag.com/blog3/
posted by d at 21:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mashup

Michael Jackson - Beat It (Chris Kaeser Memorial Mashup)
posted by d at 19:45| Comment(0) | beat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

Ben Harper

Waiting On An Angel - Ben Harper

ラベル:Ben Harper
posted by d at 12:58| Comment(0) | beat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

I'll be waiting

281110-1.jpg
これもバッグにプリントしようかな。
posted by d at 12:53| Comment(0) | our products | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

The Ting Tings

ラベル:The Ting Tings
posted by d at 01:09| Comment(0) | beat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

横浜

「荒野をおよぐ landswimming」@竜宮美術旅館
http://www.hamakei.com/headline/5651/
http://landswim.exblog.jp/

瑛子ちゃんの今回の作品はどんなんだろ。楽しみ。来週観に行く予定。

去年の瑛子ちゃんの個展の様子はこちら。
http://distill.seesaa.net/archives/20091126-1.html
posted by d at 22:14| Comment(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

Eric Prydz

New OrderのBlue Monday (Eric Prydz Remix)とDaft PunkのHarder, Better, Faster, Strongerをミックスしちゃうエリック最高でしょやっぱり。
はーーークラブ行きたい。

ラベル:ERIC PRYDZ
posted by d at 00:33| Comment(0) | beat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日々

今月はいろいろあり過ぎてヘヴィというか勉強になるというか。
今日バイト先のおじさん(もしかしたら年下の可能性も有り)が缶ジュースおごってくれた。
一方で若干無視気味のおじさんもいるし。
あーーー価値観を共有できる人々とだけ関わっていたいっす。。
211110-1.jpg
海外旅行したい。
いや国内で温泉でもいいな。足伸ばしてゆったり入浴したい。マッサージ受けたい。
posted by d at 00:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

青山

デイルズフォード青山店 http://www.daylesford.jp/
お昼食べようと思って13時頃行ったら30分待ちって言われた。。人気なのね。
明日テイクアウトしてみよっと。
posted by d at 00:29| Comment(0) | eat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

幡ヶ谷

夢 [大型本] / 橋口 譲二 (著); メディアファクトリー (刊)

橋口譲二写真集「夢」

去年まで住んでた幡ヶ谷近くの本町図書館で見ました。冷房が入ってたのかちょっと寒かった。
これまた人生について考えさせられる素敵な作品でした。それぞれの人生。正解なんて無い。


友達とハシヤでたらことうにといかのスパゲティをいただく。いまだに俺のこと覚えてくれてるマスターすげえな。常連ってほどは通ってなかったのに。

その後ポエムでお茶。追加注文しつつ3時間ぐらい話した。みんないろいろあるのね。ストレスを抱えながら生きるしかない人々。多くの人と関われば関わる程大きくなるストレスのリスク。
「夢」の登場人物で、ものすごい山奥に住んでてその街から出たことが無いっていう人がいて、それでも私の人生は幸せだったって語っててさあ。その人はストレスを感じること無く過ごしてきたんだろうか。
posted by d at 22:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

写真集

Couple [大型本] / 橋口 譲二 (著); 産業編集センター (刊)

俺と同世代の人が多く登場。この中に一緒に写真撮ってもらったことのある人物がいてびっくり!
ジーンズのウエスト位置が高いねみなさん。そしてインw誰かとツッコミ入れながら見たらより楽しめると思う。

住んでいる場所、国籍、セクシャリティ、信仰などにとらわれる事無く、現実を生きる人々の一瞬を切り取っている。そんな橋口氏の時代の切り取り方にすっかり心奪われております。
posted by d at 21:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

写真集

渋谷図書館にて橋口譲二「Father」を見始めたんだけど、被写体のパーソナリティが垣間みれるインタビューが面白くてじっくり読みたくなったから借りて家に持って帰ることにした。

Father [大型本] / 橋口 譲二 (著); 産業編集センター (刊)


追記
見終わった。いやーオモロい。被写体の方に対する質問がいくつかあるんだけど、朝ご飯(その組み合わせ!?)と年収(そんなに!?)を念入りに見てしまう下世話な俺。あとね、子供にどんな名前を付けてるかも興味深い。
発行されたのが1990年だから20年経った今。それぞれがどんな暮しをされているのか気になる。そしてその子供達の一部はFatherになってたりするんだろうな。
最後の方に某ミュージシャンも登場してましたよ。
posted by d at 14:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

Baby


こんなにコロッと変わるってすげえな音楽の力。
posted by d at 10:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

website

ウェブサイトをちょこっと更新。
http://www.distill.jp/index.html

101110-1.jpg



101110-2.jpg
posted by d at 15:36| Comment(0) | our products | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清澄白河

トランスフォーメーション@東京都現代美術館
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/118

マシュー・バーニー目当ての人が多い気がした。小洒落た若者たち。ビョークのファン?
ビデオインスタレーションが多いので全部しっかり観るにはかなりの時間を要するね。
そんで時間無くなって常設展示観れなかった!ピピロッティ・リスト観たかった。。

作品に手を触れる女子がいて、監視員の人がソッコーで注意してた。ある人にとっては常識でも、ある人には「はっ?なんで?」ってことって多々あるよね。簡単に「共通認識」って思っちゃいけないんだよなあ。
posted by d at 10:54| Comment(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

図書館

渋谷区立中央図書館で見た写真集。

17歳―2001‐2006

17歳―2001‐2006

  • 作者: 橋口 譲二
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2008/04
  • メディア: 大型本



橋口氏の文章もグッとくるっす。

橋口譲二「視線」
http://www.apocc.org/mitropa-top.htm
撮影された1980-1983年は俺が中学生の頃。神戸にもいましたよこういうヤンキーの方々。当時ってネットもなく雑誌もそんなになかったのにどうやってヤンキーファッションが全国に広まってたんだろ。やっぱテレビか。いやーそれにしても面白かった。俺と同世代なら絶対楽しめるし郷愁に浸れると思うよ。


HOPE 空、青くなる

HOPE 空、青くなる

  • 作者: ハービー・山口
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/06/19
  • メディア: 単行本



こういうドキュメンタリータッチな写真が好きだ。



Underground

Underground

  • 作者: 畠山 直哉
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2000/06
  • メディア: ハードカバー



このシリーズの写真、タカイシイギャラリーさんで見せていただいたことがあって、かなり心を動かされたんだけどさすがに俺の懐具合では購入できず。。

posted by d at 20:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

Tote Bag

061110-1.jpg

サイズ:横48,縦40センチ お値段2,600円 12個限定

けっこう大きいので荷物が多い時のサブ的な使い方で。
posted by d at 14:52| Comment(0) | our products | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。